Favorite Blue

アクセスカウンタ

zoom RSS ご近所巡り(彼岸花を求めて)♪

<<   作成日時 : 2014/09/23 23:12   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

台風16号の動きが遅いからか
晴天に恵まれた「秋分の日」


田んぼの畦に彼岸花(曼珠沙華)を見掛ける
季節になりました


チョイ乗りを兼ねて彼岸花を見にご近所巡り
に出てみました


先ずは那須塩原市某所

画像


栃木県北部は稲刈りを迎えていますが
この辺はやっと稲刈りが始まったばかり


台風の影響が出る前に刈り終わるかな

画像



彼岸花が畦畔に沿って咲いています


画像



場所を那須町に移動
R294を白河方面に向かうとありました

画像


場所は那須町指定史跡
「遊行柳」付近

画像


以下、ご覧ください

画像



画像



画像



画像



この辺りは稲刈り真っ最中でした

ところで…彼岸花って「有毒植物」って知りませんでした

以下ウィキペディアより引用

全草有毒で、特に鱗茎にアルカロイド(リコリン、ガランタミン、セキサニン、ホモリコリンなど)を多く含む有毒植物。経口摂取すると吐き気や下痢を起こし、ひどい場合には中枢神経の麻痺を起こして死に至ることもある。

日本では水田の畦や墓地に多く見られるが、人為的に植えられたものと考えられている。その目的は、畦の場合はネズミ、モグラ、虫など田を荒らす動物がその鱗茎の毒を嫌って避ける(忌避)ように、墓地の場合は虫除け及び土葬後、死体が動物によって掘り荒されるのを防ぐため[2]とされる。モグラは肉食のためヒガンバナに無縁という見解もあるが、エサのミミズがヒガンバナを嫌って土中に住まないためにこの草の近くにはモグラが来ないともいう。

有毒なので農産物ではなく年貢の対象外とされたため、救荒作物として田畑や墓の草取りのついでに栽培された。

鱗茎はデンプンに富む。有毒成分であるリコリンは水溶性で、長時間水に曝せば無害化が可能であるため、救飢植物として第二次世界大戦中などの戦時や非常時において食用とされたこともある[3]。また、花が終わった秋から春先にかけては葉だけになり、その姿が食用のノビルやアサツキに似ているため、誤食してしまうケースもある。

鱗茎は石蒜(せきさん)という名の生薬であり、利尿や去痰作用があるが、有毒であるため素人が民間療法として利用するのは危険である。毒成分の一つであるガランタミンはアルツハイマー病の治療薬として利用されている。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

サイト内ウェブ検索

ご近所巡り(彼岸花を求めて)♪ Favorite Blue/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる